海外派遣労働者の健康診断

海外派遣労働者の健康診断

労働者を海外に長期間派遣したり、海外から国内業務に戻す際には、あらかじめ定められた項目の健康診断をおこなわなければなりません。
※労働安全衛生規則第45条の2より

対象者
・海外に6ヵ月以上派遣する労働者
・海外で6ヵ月以上勤務をしたのち、帰国し国内業務に就く労働者
※一時的に就かせる場合を除く

海外では生活環境や医療体制等が国内とは異なることが多く、持病の悪化や新たな疾病への罹患により、深刻な問題へ発展するリスクがあります。
このため、海外勤務の前に適切な健康状態であるかを確認することが、本健診の目的となります。

料金

31,900円
英文結果報告書 5,500円

検査項目

診察

問診、視診、聴診など 

医師が対面で健康状態を確認します。視診等により、心雑音の有無、呼吸音異常、甲状腺腫大や結膜所見等を調べます。

閉じる

身体測定

身長、体重、BMI、腹囲

BMIは身長から見た体重の割合を示す体格指数です。25以上の場合を肥満傾向、18.5未満を痩せ型傾向としています。腹囲はメタボリックシンドロームの指標の一つです。

閉じる

視力

近視、遠視、乱視等の有無を調べます。

閉じる

聴力

主に1000Hz(低音域)と4000Hz(高音域)の2種類の音域を用います。加齢による影響の場合もありますが、検査音が聞き取れない場合、騒音性難聴や中耳炎などが疑われます。

閉じる

循環器検査

血圧

血液の流れにより血管内壁にかかる圧力のことです。心臓が収縮し血液を送り出す時にかかる圧力を「収縮期血圧」、心臓が拡張し血液を取り込む時にかかる圧力を「拡張期血圧」といいます。

閉じる

安静時心電図

心臓が鼓動する際に発する電気信号から、心機能の異常を調べる検査です。心筋の異常や不整脈、心臓肥大、狭心症、心筋梗塞などが推測できます。

閉じる

呼吸器検査

胸部X線

胸部にX線を照射して撮影された画像から、気管支、肺、心臓、縦隔などの病変を調べます。

閉じる

尿検査

尿糖

尿糖とは、血中にあるはずのブドウ糖が尿中に漏れ出てきたものです。血糖値と併せて糖尿病などを判断します。

閉じる

尿蛋白

腎臓や尿管の機能障害を測定します。腎炎・腎硬化症・尿路結石・糖尿病性腎症・腎腫瘍などの診断の指標になります。

閉じる

便検査

便虫卵 ※帰国時のみ

糞便中の寄生虫卵の有無を調べる検査です。

閉じる

血液検査
血中脂質

中性脂肪

体を動かすエネルギー源として利用される血中脂質の一種ですが、過剰に蓄積されると肥満や動脈硬化、脂肪肝となり、心疾患や脳血管障害のような重篤な疾病へと進展します。

閉じる

HDLコレステロール

善玉コレステロールと呼ばれ、血管壁に付着した余分なコレステロールを回収して肝臓に運び処理をする役割があります。動脈硬化の予防に必要です。

閉じる

LDLコレステロール

悪玉コレステロールと呼ばれ、全身にコレステロールを運ぶ役割があります。血液中に増えすぎると血管壁にコレステロールが溜まり、動脈硬化を引き起こす原因となります。

閉じる

糖代謝

空腹時血糖

血液中にあるブドウ糖のことで、生命活動を支えるエネルギー源として利用されます。糖尿病の有無を調べます。

閉じる

一般血液

赤血球数

赤血球は細胞に酸素を運ぶ働きがあります。血液中の赤血球数を測ることで、貧血や多血症の診断の基準とします。

閉じる

ヘモグロビン

赤血球中に含まれる蛋白の一種です。不足すると貧血の原因となります。

閉じる

肝機能

AST(GOT)

臓器内でアミノ酸を作る働きをする酵素で、心筋や骨格筋、肝臓細胞に多く含まれます。臓器が障害を受けて働きが悪くなると血中に含まれる量が増加します。

閉じる

ALT(GPT)

臓器内でアミノ酸を作る働きをする酵素で、主として肝臓に含まれます。臓器が障害を受けて働きが悪くなると血中に含まれる量が増加します。

閉じる

γ-GTP

アルコールの摂取と関係が深く、肝臓の細胞が破壊された場合や胆石や胆道がんで胆道が詰まった場合に血中に増加します。

閉じる

腎機能

尿酸

プリン体という細胞成分から分解された老廃物です。通常は尿中に排泄されますが、腎機能が低下したり、プリン体を多く含む食品を摂り過ぎると血液中の濃度が高まります。一定の濃度を超すと結晶化し、関節などに激しい痛みを引き起こす痛風発作を引き起こします。

閉じる

感染症

HBs抗体

B型肝炎ウイルスに現在感染しているかを調べる検査です。

閉じる

その他

血液型 ABO-Rh ※派遣時のみ

血液型を調べる検査です。

閉じる

※海外派遣前6ヵ月以内に、定期健診や雇入時健診を受診している場合、同一検査項目を省略できます

受診できるクリニック